本文へスキップ

心理カウンセラーになるために・・・

心理カウンセラー

薬物療法とは/心理カウンセラーになろう!さまざまな心理カウンセラーの資格の講座を紹介します。

薬物療法とは


心の病気の薬物療法では脳に作用する薬物が用いられます。心の病気が生じるまでの厳密なメカニズムはまだはっきりしていないのですが、心の病気と脳内の神経伝達物質の機能異常との間には密接な関係がある事がわかっています。

薬物療法の主要な目的は、神経伝達物質の働きに生じている問題を元に戻す事ですが、薬物療法が心の病気の治療に大変、有効である事自体、心の病気の発生に脳内の神経伝達物質の乱れが深く関連している事の証拠でもあります。

治療薬としては、抗不安薬、抗うつ薬、抗精神病薬などがあり、抗不安薬、抗うつ薬はその名の通り、それぞれ、不安を軽減させる、うつを軽減させる薬です。

不安を軽減すると言う事は心の緊張を軽くし、気持ちをリラックスできる事になるので、睡眠薬としても使われます。

アルコールも脳をリラックスさせるので、一種の抗不安薬と見る事もできますが、抗不安薬とアルコールを同時に摂取する事は大変危険である事は、是非知っておいて欲しい事です。

抗不安薬とアルコールは両者とも脳機能を抑制するのですが、相互作用を通じて、両者の効果が増強し合ってしまい、その程度によっては、呼吸停止、血圧低下などから命を落としてしまう危険もあります。

一方、抗精神病薬は幻覚、妄想など、現実と非現実の境界がぼやけた為に生じる症状に対して用いられます。

治療薬は脳内の神経伝達系に主に働くように作られているのですが、神経系は脳に限らず、末梢神経、例えば、胃腸の働きを調整する神経など全身に分布してるので、場合によっては、胃部不快感など好ましくない副作用が出現する事があります。

新しく開発された治療薬ほど、脳内の神経伝達系により選択的に働くようになっていて、高い治療効果と少ない副作用が期待できます。

ただ、副作用の発現には個人差が大きく、また、どの治療薬がその人に合っているか、所謂、治療薬との相性があるので、治療薬は本人に合わせて調整する必要があります。


心理カウンセラー


心理カウンセラーを学ぶ


   
職場での役割・階層に応じて必要なメンタルヘルス対策の知識や技術を習得しているかどうかを判定する試験。ニーズ上昇中の注目資格です!
   チャイルドカウンセラー 資格取得就転職に強い、資格取得スキルアップ専門校
ヒューマンアカデミー


性格や人間関係における心理学が 学べる生活心理学講座をご紹介。
   チャイルドカウンセラーなるには今月の人気おケイコランキングをチェック!

カウンセラーの通信講座・通信教育・資格・検定




■心理カウンセラーの資格  ■カウンセリングの原因  ■さまざまなカウンセリング  ■薬物療法とは

■心理療法・カウンセリングとは  ■臨床心理士とは  ■チャイルドカウンセラーとは  ■産業心理カウンセラーとは

スポンサードリンク


心理カウンセラーを学ぶ

■JADP認定【家族療法カウンセラー資格取得講座】
■JADP認定【夫婦カウンセラー資格取得講座】
■企業中間管理職ケアストレスカウンセラー講座
■カウンセラーの切り札!☆摂食障害☆ダイエット専門資格
■☆アロマを自宅でレッスン!!アロマコーディネーターコース☆
■はじめてのセルフカウンセリング
■【通信】認定カウンセラーになる!カウンセリング実践講座
■高齢者ケアストレスカウンセラー講座
■週30分、自宅で学ぶあなたの人生を劇的に変える方法
■キャリアカウンセラーと一緒に探す わたしのキャリア
■☆JCCA認定☆ 子育て心理カウンセラー養成講座
■統合心理士・通信コース
■こども心理学部通信教育課程/正科生(カウンセラー)
■産業カウンセラー受験資格がめざせる<人間科学部 人間科学科>
■実践心理士・通信コース
■メンタルケア・アドバイザー養成講座




LINK1   LINK2   LINK3   LINK4

LINK5   LINK6   LINK7   LINK8